enepiでガス会社を乗り換えるだけで驚くほどガス代が安くなる。

SHARE

enepiでガス会社を乗り換えるだけで驚くほどガス代が安くなる。

今月のガス代1万円越している。。高い。。。ガス代少しでも安くしたい。。

お風呂に続けて入ったり、シャワーの使いすぎに気をつけたり家計を気にする方ならガス代を少しでも安くするために色々な節約術を実践していますよね。

ガスの節約術をしっかり実践をすれば月1万円だったガス代を9000円にすることも可能です。

しかし神経減らして節約を頑張る前に根本的なある原因を見直せば驚くほどガス代が安く場合が多々あります。

今回は家計を気にする頑張るあなたにまず実践して欲しい「プロパンガス代を大幅に安くする方法」をお教えします。



ガス会社乗り換えるが一番効果的

ガス代大幅安くする方法は至って簡単、ガス会社を切り替えるだけです。

え?それだけと思った方もいるかもしれませんが、ガス代を安くする方法としては最も効果的な方法です。プロパンガスは都市ガスと違い公共料金ではないため契約しているプロパンガス会社によって値段が大きく異なります

プロパンガスの平均従量単価(1㎥辺りの価格)が首都圏で平均400円程度、適正価格280~350円です。

※この従量単価は料金明細の使用量料金(従量料金)÷使用量(㎥)で簡単に求めることができます。

現在契約しているプロパンガス会社が平均従量単価より高い場合はすぐにでも他のガス会社に切り替えましょう。優良ガス会社への切り替えを行うと殆どの場合が適正価格の280円~350円の間に収まります。

従量単価が100円安くできれば平均的使用量の4人家族(20㎥使用)の場合1ヶ月のガス代が2000円も安くなります。年間にしたら24000円。かなり大きく下がりますね。

現状使用者が無知なことを良いことに平均従量単価の2倍ちかくの価格を設定している悪徳プロパンガスもかなり横行しています。ガス代が高いと思ったらまずは自分のガス料金明細を見て従量単価を計算してみましょう。

個人でガス会社切り替えを行うのは難しい

実はガス会社の切り替えは個人で行うことが非常に難しく手間も多い作業です。

数あるガス会社から優良会社を見分けることは非常に難しいです。パソコンで探そうにしても不思議なことに各ガス会社はほとんどの場合HPで料金を公開していません

近隣のガス会社に電話で直接問い合わせて見積もりを取得し探すという手段もありますが、この手段はトラブルに発展する危険性があります。

悪徳なプロパンガス会社は契約とるために契約前には格安価格を提示し契約させ、後々何かと理由をつけて段々と値段を上げていく、またはなにも言わずに料金を変更するという手段を取っていることもありトラブルに発展することが少なくありません。

しかし実際問題素人の私達では適正料金近くの安い料金を提示してきたガス会社が本当の優良会社なのか契約目的の悪徳会社なのかを見分けることはほとんど不可能です

ガス会社の切り替えを無料サポートしてくれるサービスがある

それが「enepi」です。



優良プロパンガスの一括見積取得代行、切り替えサポートを全て無料で行ってくれるサービスです。

enepiは申し込みをすると実績から判断した優良プロパンガスの見積もりを複数取得してもらえるので面倒なガス会社とのやり取りもありません

サポート対応もしっかりしているため、プロパンガスのプロが細かな相談に親身になってのってくれるので安心してガス会社の切り替えを進めることができます

ガス会社の切り替えを失敗しないためにもenepiの利用はおすすめします。

注意
現状enepiでは賃貸での切り替えは大家さんまたは管理会社の許可を得た上での対応となっています。